社長メッセージ

 広島ガスグループは創業以来、「お客さま」、「株主の皆さま」、「地域社会」、「従業員」、「取引先」などをはじめとする、すべてのステークホルダーの皆さまに支えられて事業を営んできました。

 社会の大きな変革期の中、グループとしての将来のエネルギー事業の方向性について、経営理念である「地域社会から信頼される会社をめざす」を念頭に、「広島ガスグループ2030年ビジョン」を2018年10月に策定いたしました。

 2030年ビジョンのスローガンに「幸せにつながる感動発信」を掲げ、我々の「強い思い」を社内外へ発信し、すべてのステークホルダーの皆さまの「笑顔」と「幸せ」につながる未来を創造していくことで、2030年ビジョンに対する、「共感」と「期待」へとつなげていきたいと考えます。

 また、2020年10月に「広島ガスグループ このまち思い SDGs実行宣言 ~笑顔あふれる未来へのAction~」を行いました。経営ビジョンである2030年ビジョンと同じく2030年をゴールとするSDGsを当社グループの共通目標とし、これまで展開してきたESGを意識した取り組みを強化し着実に前進していきます。

 電力・ガスの小売全面自由化はもとより、新型コロナウイルスの動向や、持続可能な社会、脱炭素化への急速な関心の高まりなど、我々を取り巻く経営環境がめまぐるしく変化する中にあっても、そうした環境変化を好機と捉え、グループ一丸となって新たな挑戦を続けることにより、2030年のその先の2050年も見据えた更なる進化、発展へと繋げていくことが重要です。

 今後も、更なるサービス向上をめざし、再生可能エネルギーなど、環境への貢献につながる事業展開と次世代エネルギーの研究を通じ、総合エネルギー企業としての発展をめざしてまいります。また、当社グループが提供するエネルギーやサービスに対して、お客さまに安心して生活いただくために、あらゆる「安心の備え」を追求してまいります。
 
 当社グループは、2030年ビジョン実現に向けた取り組みを通して、累積CO2の低減に貢献し、皆さまとの信頼関係をより強固なものとすることで、エネルギー自由化時代においても選ばれ続ける企業グループをめざしてまいります。皆さまにおかれましては、一層のご理解、ご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

2021年4月
代表取締役社長 社長執行役員

このページのトップへ戻る