沿革

明治42年10月 広島市材木町に資本金150万円をもって広島瓦斯株式会社を設立
明治43年10月 1,244件のお客さまに供給開始、尾道瓦斯株式会社と合併
大正 2年12月 呉瓦斯株式会社と合併
大正6年 8月 広島電気軌道株式会社(資本金300万円)と合併し、商号を広島瓦斯電軌株式会社に変更。資本金600万円に増資
大正10年 6月 阿賀工場操業開始
昭和17年 4月 電鉄部門を広島電鉄株式会社として分離、商号を広島瓦斯株式会社に変更
昭和24年 6月 広島証券取引所に上場
昭和32年 9月 海田工場建設着手
昭和33年11月 海田工場操業開始
昭和35年 1月
     7月
     9月
海田工場・呉地区間の高圧導管敷設完了、送出開始
広島瓦斯燃料株式会社(昭和34年7月設立)を吸収合併
第1回ガス展開催
昭和37年 1月
11月
中国プロパン瓦斯株式会社(昭和29年9月設立)を吸収合併
お客さま件数5万件
昭和38年12月 広島工場生産停止
昭和39年11月 海田工場で油ガスプラント第1号機、稼働開始
昭和40年 9月 供給熱量を3,600キロカロリーから4,500キロカロリーに変更
昭和42年 2月
12月
コンピュータ導入
安芸郡熊野町(熊野団地)へ供給開始、お客さま件数10万件
昭和44年 3月 プロパン部門を広島ガスプロパン株式会社として分離
昭和45年 3月
4月
広島瓦斯株式会社から広島ガス株式会社に商号変更
ガス工事、住宅設備の施工を事業目的として株式会社広ガス開発(現行商号・広島ガス開発株式会社)設立
広島ガス不動産株式会社設立
昭和46年 3月
10月
広島市可部町(虹山団地)へ供給開始
お客さま件数15万件
昭和47年 3月
4月
阿賀工場コークス炉停止
広島ガスサービス株式会社設立
昭和49年11月 お客さま件数20万件
昭和50年 4月
5月
集金業務を事業目的として広島ガス集金株式会社設立
ガス器具販売部門を広島ガス器具販売株式会社(現行商号・広島ガスリビング株式会社)として分離
昭和53年 4月

6月
お客さまの消費機器保安調査および集金業務を目的として広島ガス呉サービス株式会社(広島ガス興産株式会社に商号変更、平成11年に合併)設立
五日市営業所開設
昭和55年12月 お客さま件数25万件、北部保安ターミナル設置
昭和56年 6月 資本金20億円に増資、三原営業所新社屋竣工
昭和57年 4月
6月
10月
尾道新工場竣工
呉支店新社屋竣工
広島ガス新社屋竣工
昭和58年10月
11月
TQCキックオフ
ガスショップオンライン稼働
昭和60年 6月
12月
資本金25億300万円に増資
お客さま件数30万件
昭和61年 3月 尾道支社新社屋竣工
昭和63年8月
11月
ガストピアセンター竣工
資本金30億700万円に増資
平成元年 5月
10月
天然ガス導入意思決定
創立80周年、マッピングシステム導入
平成2年 2月
5月
10月
中国地方品質管理賞受賞
天然ガス導入方法の決定
お客さま件数35万件
平成4年 1月
4月
7月
10月
廿日市工場建設着手
NC運動キックオフ
ハンディ・ターミナル検針スタート
LNG売買契約調印
平成5年 4月 「環境行動指針」を制定
平成6年 3月
4月
コークス炉廃止
天然ガス転換本部発足
平成7年4月
6月
CS運動(NC21第2期)キックオフ
天然ガス転換開始、廿日市工場製造開始
平成8年 3月 LNG船「スリヤ アキ」初入港
平成9年 4月
6月
10月
お客さま件数40万件
事業開発部新設
転換件数10万件
平成10年 2月
6月
備後工場建設着手
広島ガステクノ株式会社設立、産業エネルギー部新設
平成11年 3月
5月
10月


11月
商工センターエコ・ステーション(第1号店)オープン
備後工場竣工、廿日市工場No.2LNG貯槽建設着手
創立90周年
広島ガス集金株式会社と広島ガス興産株式会社が合併し広島ガスメイト株式会社設立、廿日市工場がISO14001の認証を取得
リビングインフォメーションプラザ「LIP」開設
平成12年3月


6月
10月
広島証券取引所が東京証券取引所に合併されたことに伴い東京証券取引所市場第二部に上場
西白島エコ・ステーション(第2号店)オープン
監査部新設
株式会社ラネットを設立
平成13年 1月
3月
5月
6月
8月
10月
12月
LNG第2船「スリヤ サツマ」初入港
広島地区の天然ガス転換完了
海田工場操業停止、海田エコ・ステーション(第3号店)オープン
株式会社ビー・スマイル設立
備後工場がISO14001の認証を取得
技術研究所竣工
呉地区の天然ガス転換完了、阿賀製造所操業停止
平成14年4月
6月
11月
天然ガス転換完了、尾道工場操業停止
「エネルギー事業部」を柱とした組織改革を実施
広エコ・ステーション(第4号店)オープン
平成15年5月
9月
12月
福山瓦斯と共同で瀬戸内パイプライン株式会社を設立
廿日市工場No.2LNG貯槽竣工
LNG受け入れ量100万t
平成16年2月
4月
9月
11月
呉中央エコ・ステーション(第5号店)オープン
経営機構改革・コンプライアンス強化(執行役員制の導入と企業倫理委員会の設置)
廿日市工場天然ガスコージェネレーションシステム竣工
情報セキュリティ委員会発足
平成17年1月
2月

3月
6月
7月
LNG船「スリヤ アキ」を共有
株式会社商船三井と共同でMAPLE LNG TRANSPORT INC.を設立
HG LNG Shipping Corporation Limitedを設立
福島町エコ・ステーション(第6号店)オープン
停止条件付ライツプランを導入、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を導入
マレーシアLNG社とLNG売買契約調印
平成18年1月
3月
4月

6月

7月
10月
マレーシアよりLNG船「アマン・センダイ」初入港
江波エコ・ステーション(第7号店)、出島エコ・ステーション(第8号店)オープン
サハリン・エナジー・インベストメント社とLNG売買契約調印(サハリンIIプロジェクト)
地域における効率的かつ安定的な天然ガスの普及を目的として、中国電力と相互協力協定書を締結
広島ガステクノ、廃自動車シュレッダーダスト(ASR)再資源化プラントを竣工
東広島製造所竣工
平成19年1月

2月
4月
8月
10月

11月
新お客さま情報システム(新CIS)稼動開始、瀬戸内パイプライン竣工
LNG受け入れ量200万t(導管による受け入れ分を除く)
尾道エコ・ステーション(第9号店)オープン
リビングエネルギー営業部の新設
信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)を導入
広島ガス全エリアのお客さま(広島・廿日市地区、呉地区、尾道・三原地区)の受付窓口を一本化するコールセンター本格稼動
LNG船「サン アローズ」竣工
平成20年4月
10月
業務用エネルギー営業部の新設(業務用・産業用市場の営業体制再編成)
創立99周年記念式典開催(社内向け)
平成21年10月 創立100周年記念式典開催(社内向け)
広島ガスグループ2020年ビジョン「Action for Dream2020」策定
ガスショップ再編(8社12店舗→5社11店舗)による既設市場の体制整備
LNG受け入れ量300万t(導管による受け入れ分を除く)
平成22年3月
4月
6月

10月
12月
皆実町本社ビルの省エネ化(太陽光発電パネル、LED照明等導入)
ガストピア五日市オープン、ふれあい巡回スタート
家庭用ガス機器長期保証サービスを開始
広島ガスグループスポーツフェスタを開催(創立100周年イベントの一環)
ワンステップ運動をスタート
信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)を再導入
平成23年3月
6月
7月
10月
廿日市工場の桟橋機能強化を決定
エンジニアリング部新設
広島ガスリビング株式会社を吸収合併
ガストピア祇園オープン、広島ガスグループ ロゴマークを半世紀ぶりに一新
平成24年2月
5月
7月

11月
供給ガスの標準熱量を変更(46.04655MJ→45MJ)
資材センター稼動
単元株式数変更
広島ガステクノ株式会社と広島ガスサービス株式会社が合併し、広島ガステクノ・サービス株式会社設立
株主優待制度導入
平成25年9月
10月
東広島市へ供給エリア拡大(6市4町)
阿賀太陽光発電所運用開始
平成26年1月
4月
7月
広島ガスプロパン、マリーナホップ太陽光発電所運用開始
技術研修センターを新設
大阪ガスとのLNG売買契約締結
平成27年3月

4月
7月
9月

10月
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
資本金51億8,100万円に増資
LNG受け入れ量500万t(導管による受け入れ分を除く)
ガストピア呉リニューアルオープン
ガストピア安芸オープン
マレーシアLNG社とのLNG売買契約締結
廿日市工場 LNG受入桟橋・設備増強工事完了
平成28年1月
2月
3月
8月
標準LNG船初入港(クールダウン)
標準LNG船による受入開始
ガストピアおのみちリニューアルオープン
福山市へ供給エリア拡大(7市4町)
平成29年1月
3月
4月
Web会員サイト開設
企業スローガン「このまち思いエネルギー。広島ガス」制作
ガス小売り全面自由化開始に伴い、ポイントサービス、生活関連サービスを開始

企業情報