新入社員の育成

メンター:梶山修志郎/メンティー:木戸志紀


現在の業務内容

 廿日市工場では都市ガスの原料であるLNGを受け入れ、都市ガスとして製造し、市中に送出するまでの業務を行っています。
 工場内のガス製造プラントは中央制御室で遠隔監視・操作されており、製造担当オペレーターが、三交替勤務で監視・製造にあたっています。市中の圧力を常時監視することにより、ガスの需給状況を把握し、ピーク時間帯(夕方から夜にかけて)にガスが不足しないよう細心の注意を払いながら製造しています。私の現在の業務は、電気関係の保全担当として主に工場の電気計装設備の保守業務を行っています。山本は中央制御室でオペレーターとして三交替勤務をこなしています。


メンターの第一印象

 いつも私の事を気にかけてくださり、とても優しい人です。資格取得に向けて勉強をしている時や仕事で失敗してしまったときには、必ず声をかけて励ましてくださいます。私が三交替勤務となり、日勤の廣森さんとは一緒に行動する機会が減ってしまった中でも、多忙な時間を割いて悩みなどを聞いていただき、会社の良き先輩として指導していただいています。


積極的な声掛けを

  山本さんとは年齢が離れているため、無理に私の考えを押し付けるのではなく、積極的な声かけを心掛けています。同じ職場でも勤務体系が異なるため顔を合わせた時にはなるべくコミュニケーションをとるように努めています。
 分からない事・技術的な面は周囲の先輩にアドバイスを仰ぐこと、また周りと積極的にコミュニケーションを取るように指導しています。


より一層のスキルアップを

 山本さんは、今では職場のムードメーカー的な存在であり、また何事にも熱心に取り組むため、大事な仕事も任されるようになりました。順調に業務を習得できていますが、製造の業務は奥が深く、覚えることは山のようにあります。明るいキャラクターで人間関係は心配ないと思いますので、若いうちに様々な業務に関わり経験を積み、資格取得などの自己啓発にも挑戦し、より一層のスキルアップを図ってください。


安定供給を担う人材を目指す

 今後も継続して知識と経験を積み、都市ガスの安定供給を担う人材になりたいです。そのために、常日頃から業務の中で疑問に思ったことは自分で調べ、それでも分からないことは先輩や上司に質問するようにしています。経験を積むため工場内の訓練には積極的に参加し、緊急時に適切な対応がとれるよう日々励んでいます。また、業務で必要な資格を取得するための勉強もしています。これからも広島ガスの心臓である製造部門の一員という誇りを持って働いていきます。