Topics  スポーツ人権教室  平成28年6月22日(水)河内西小学校

 6月22日、河内西小学校で26名の児童のみなさんを対象にスポーツ人権教室が開催され、当部から菊田監督、平井選手、濱北選手の3名が講師として参加しました。この活動は、バドミントンや選手の競技生活を通して、仲間や相手を思いやる心、チームワークの大切さ、いじめ防止などについてメッセージを直接発信し、子どもたちに人権意識を高めてもらうことを目的としています。
 人権教室の前半にはバドミントンをしました。河内西小学校のみなさんはとても元気が良く、できないことや分からないことは積極的に質問し、どんどんコツを掴んですぐにシャトルを遠くまで飛ばせるようになりました。
 後半は人権に関するトークショーを行い、感謝の気持ちの大切さや思いやりについて話をしました。児童のみなさんは真剣に話を聞いてくれました。
 短い時間でしたが、児童のみなさんと楽しい時間を過ごすことができました。選手自身も人権について改めて考えることができました。今後もこのような活動を通してもっとバドミントンの楽しさを知ってもらいたいです。

 

各ショットの紹介

ラケットの持ち方を指導します

トークショーの様子

お礼にお花をいただきました

河内西小学校のみなさんと