• 仕組み
  • 環境性
  • 快適性
  • 先進性
  • 経済性
  • ダブル発電
  • 自立運転機能
  • 商品紹介
  • Q&A

水素と酸素で電気とお湯をつくる。燃やさない発電、エネファーム。 水素と酸素で電気とお湯をつくる。
燃やさない発電、エネファーム。

エネファームの発電原理エネファームの発電原理

燃やさないで電気とお湯をつくる、燃料電池。 燃料電池は、「水を電気分解すると水素と酸素にわかれる」という原理を応用。
「水素と酸素を化学反応させることで電気をつくる」発電システムです。
ガスのエネルギーを直接電気に変換するので、発電効率が高いのが特徴です。

水の電気分解 | 燃料電池

エネファームの仕組みエネファームの仕組み

エネファームは「燃料電池ユニット」と「貯湯ユニット」で構成されます。
「燃料電池ユニット」では、天然ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電します。
また同時に、発電時に生まれた熱で貯湯タンクの水を加熱してお湯をつくり「貯湯ユニット」に貯めておきます。
お湯が足りなくなった時には、補助熱源機が稼働しますのでお湯切れの心配はありません。

燃料電池コージェネレーションシステム構造図 イメージ図

※イメージ図

  • NO.1燃料処理装置
    都市ガスから水素を取り出します。
  • NO.2スタック
    水素と空気中の酸素を反応させることで、
    直流の電気と熱を作ります。
  • NO.3インバータ
    スタックで作った直流の電気を、家庭用の交流の電気に変換します。
  • NO.4熱回収装置
    スタックで作った熱を、お湯として回収します。
  • NO.5貯湯タンク
    お湯をためます。
  • NO.6補助熱源機
    貯湯タンク内のお湯の温度が低い時やお風呂の追いだき時に稼働します。床暖房など暖房用のお湯はここで作ります。
お見積もり・資料請求・お問い合せ
  • 体験しよう!ガストピア|広島ガスショールーム
  • ガスショップ|機器の修理・販売、リフォーム相談など

ページTOPへ

  • 新築マンション紹介
  • おいしく楽しいお料理レシピ
  • ガスを上手につかって地球に緑をふやすBLUE&GREEN PROJECT
  • 家庭用ガス機器に関する大切なお知らせ