寒い冬にはガス給湯器の凍結にご注意ください

ガス給湯器には、凍結予防ヒーターが装備され、自動で機器内部の凍結予防を行うことのできる機種もありますが、この時期、特に気温の下がる夜間や早朝時には、ガス給湯器や配管内の水が凍結して、お湯が出なくなることがあります。
ご参考として、ガス給湯器の凍結予防方法等についてお知らせいたしますので、冬場の凍結対策としてお役立てください。

凍結予防方法

ガス給湯器の給水・給湯配管に、保温材などの凍結を防止する措置が取られていない場合、風の強い日などでは気温が氷点下にならなくても、配管内が凍結してお湯が出なくなるおそれがありますので、保温材で巻くなど凍結防止の対策をお取りください。

特に冷え込みの厳しい日の凍結予防について

冬場の低温注意報発令時や特に冷え込みの厳しいときは、保温材の対策を行っても、給水・給湯配管やガス給湯器内部が凍結してしまうおそれがあります。
その際には、以下の処置を行うことで、給水・給湯配管およびガス給湯器内部の凍結を予防できます。

  1. ガス給湯器のリモコンがある場合は、運転スイッチを「切」にしてください。
    リモコンがない場合には、ガス給湯器のガス栓をしっかりと閉めてください 。

    (次の2を行うことによりガス給湯器が燃焼する可能性があるため)


    リモコンあり:運転スイッチ「切」   リモコンなし:ガス栓を閉める

  2. 給湯栓を開いて、少量の水〔1分間に約400cc(太さ約4mm)〕を流したままにしてください。

    ※この処置による水道代は、お客さまのご負担となりますことをご了承ください(浴槽等で受けると洗濯などに再利用でき経済的です)。

    1分間に約400cc(太さ約4mm)の水を流す
    (給湯側を開ける)
    (注意)電源コンセントは抜かないで下さい
    ※凍結予防ヒーターが作動しなくなります

万一凍結した場合

万一、配管が凍結した場合には、無理に溶かそうとはせず、自然に解凍するまでお待ちいただくことをおすすめします。 また、水が出るようになっても、ガス給湯器本体や給水・給湯配管から水が漏れていないかなどを確認して、ご使用ください。

未入居の住居または長期間ご使用になられない場合

未入居の住居や、ガス給湯器を長期間ご使用になられず電源をお切りになられている場合には、 給湯器内部の凍結防止のため、本体の水抜きが必要となります。詳しくは、取扱説明書をお読みいただくか、最寄りのガスショップにお問い合わせください。 ※水抜き作業は、ガスショップにより有償にて承ることもできます。

ガス給湯器の凍結による故障につきましては、保証期間内でも有償修理となりますのでご注意ください。

  • ガスが出ないとき
  • 故障かなと思ったら
  • 地震が起きたとき
  • マイコンメーター
  • 都市ガス警報機
  • ガス機器使用時は、まず換気!
  • ガスの種類と地区
  • もしものためにおすすめします
  • 敷地内のガス設備は、お客様の所有物です
  • ガス管改善のすすめ
  • 寒い夜にはガス給湯器の凍結にご注意ください