地震がおきたとき

震度5相当以上の地震を感知するとマイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
あわてないで、落ち着いてからを実施してください。

  1. まず身の安全を

    机やテーブルなど、安全な場所にふせて身の安全を確保しましょう

  2. ゆれがおさまったら火の始末

    ガス機器の火をすばやく消して器具栓・ガス栓を閉めてください。
    地震で大きく揺れているときは危ないので火に近づかないでください。

  3. ガスのにおいをチェック

    火の始末をした後は、ガスのにおいがしないかどうか確認しましょう。
    ガスのにおいがしたら、火をつけたり、電気スイッチには絶対に触れないでください。
    器具栓・ガス栓を閉め、窓を開けて換気をし、
    広島ガス保安指令センター(ガス漏れ通報専用電話)にご連絡ください。

  4. 再びガスを使うときは

    給排気設備の外れ・倒れやガスくさくないことを確認してから器具栓・ガス栓を開いてご使用ください。 マイコンメーターの赤いランプが点滅している場合は、ガスが止まっています。 復帰手順に従って操作してください。

マイコンメーターの復帰の手順

ご注意!

地震災害などで当社が一時的にその区域のガスの供給を停止する場合やガスの配管などが破損している場合は、 マイコンメーターを操作しても使用できません。

広島ガスの地震・防災対策

緊急連絡先

お名前、ご住所(ご近所の目標も併せて)、その場の状況、ご連絡先電話番号をお知らせください。

【広島ガス保安指令センター】

広島地区 (082)251-3219
呉地区 (0823)22-3219
尾道・三原地区 (0848)22-3219
  • ガスが出ないとき
  • 故障かなと思ったら
  • 地震が起きたとき
  • マイコンメーター
  • 都市ガス警報機
  • ガス機器使用時は、まず換気!
  • ガスの種類と地区
  • もしものためにおすすめします
  • 敷地内のガス設備は、お客様の所有物です
  • ガス管改善のすすめ
  • 寒い夜にはガス給湯器の凍結にご注意ください