こんな使い方は大変危険

屋外設置用のガス機器を波板などで囲わないでください。

屋外設置用のガス機器を屋内に設置したり、波板などで囲ったりすることは、大変危険です。波板などで囲われることにより、ガス機器が不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒になる恐れがあります。

建物外壁塗装工事中はガス機器のご使用に注意してください。

屋外式ガス給湯器や給排気筒(煙突)、換気扇、給排気口を養生シートで覆っている状態でガス機器を使用すると、ガス機器の異常着火による故障や火災、一酸化炭素(CO)中毒になる恐れがあります。ガス機器をご使用の際は、必ず施工会社の方へガス機器を使用してよいかご確認いただきますようお願いいたします。
建物外壁塗装時注意喚起チラシ

ガス小型湯沸器の火が使用中に消えた場合、再点火を繰り返さないでください。

不完全燃焼している恐れがありますので、ただちに使用を中止し、修理の手配をお願いいたします。修理の受付は広島ガスで承ります。

ガス小型湯沸器で浴槽へお湯張り、シャワーなど長時間使用、洗濯機への給湯をしないでください。

不完全燃焼の原因となり、大変危険です。

※ガス小型湯沸器の熱交換器の目詰まりなどが原因で不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒になることがあります。時々上部(断熱板の下)に汚れや詰まりがないかチェックしてください。また、ツマミがふたつの小型湯沸器は、不完全燃焼防止装置が付いていない代表的なタイプです。不完全燃焼防止装置付小型湯沸器へのお取替えをお勧めします。

揚げ物をしている時やグリルを使用しているときは、その場から離れないでください。

来客や電話などでその場から離れるときには、必ず火を止めてください。揚げ物は温度センサーのついている側をご使用ください。また、使用中にはコンロの火が着衣に引火しないようにご注意ください。

金網ストーブは、不完全燃焼防止装置付きガスファンヒーターなどへお取替えください。

金属変形や炎あふれがあるときはもちろんですが、外観がきれいでも内部のほこり詰まりなどで不完全燃焼を起こしやすくなります。暖房シーズン前に点検(有償)をお勧めします。

浴室内にガスふろがまを設置している場合には、お風呂を沸かしているときやシャワーを使っているときは、隣の台所で換気扇を回さないでください。

換気扇を使用すると、ガスふろがまの排気が浴室内に逆流し、危険です。ご使用中に不快な臭いや目がチカチカするなど異変を感じた場合には、ただちに使用を中止し、広島ガスにご連絡ください。

ガスふろがまをご使用される場合は、空だきをしないようにしましょう。

ガスふろがまや浴槽を痛め、火災の原因にもなります。また、ガスふろがまが水につかると故障の原因にもなります。