人事部長からのメッセージ

人事部長からのメッセージ

経営理念は、
「地域社会から信頼される会社をめざす」

 広島ガスは、「地域社会から信頼される会社をめざす」という経営理念のもと、都市ガスを供給する公益事業者として、保安の確保と安定供給を柱とした事業を展開するとともに、ガスのある快適な暮らしを提案し、地域社会の発展に貢献しています。

 お客さま、地域社会、株主の皆さまをはじめ多くの方々のお力添えとともに、社員一人ひとりの不断の努力により、2009年10月には創立100周年を迎えることができました。現在、次の100年を見据えた「2020年ビジョン」達成のため広島ガスグループ全役職員が懸命に取り組んでいます。

求める人材像とは

 広島ガスが求める人材像は、お客さま・地域社会・一緒に働く仲間から信頼される人材です。具体的には、公益事業者としての強い使命感を持ち、何に対しても主体的に取り組み、努力を惜しまず、まわりの仲間と一緒に成長し続け、そして、常にお客さまの視点で考え、行動できる人材です。

 ガス事業のプロとしてお客さまの期待に応えるためには、コミュニケーション能力、専門知識・技能、コンプライアンス意識など非常に多くのものを身につける必要があります。また、それらを現場で最大限に活かせるバランス感覚も重要です。

 そういった人材一人ひとりが、「今この瞬間に全力を尽くし、未来に向けて積極的に努力する」姿勢で業務に取り組むことで、お客さまから選んでいただける企業になると考えます。

全員の総合力で保安の確保と安定供給

 都市ガス事業は、保安の確保と安定供給を前提として成り立つ事業であり、全ての部署が協力して物事を進めること、当たり前のことを当たり前に行っていくことが大切です。また、事業運営をより安定的かつ効率的に進めることも求められています。そのためには、社員全員が自分の職場や役割を超え、常に全社のリスク低減や全体最適を考え、行動することが必要なため、当社社員は全員総合職として活躍しています。

 製造・供給、営業・管理業務など、様々な業務を経験でき、本人の適性や希望も踏まえ、適材適所で個々人の能力が最大限発揮できるような配属をするようにしています。人材育成制度も整っており、理系も文系も、全く新しい分野でも活躍する場があります。

 エネルギー業界は競争が激しく、社会環境もめまぐるしく変わっています。これからもお客さまから選ばれ続ける企業の一員として、若く元気なパワーを発揮し、仲間とともに成長し続けてほしいと思います。