若手社員の声

営業:甲斐 杏奈

現在の仕事について教えてください

 私が所属している業務用エネルギー営業部では、大きく分けてホテルや飲食店のお客さま担当のグループと工場や大口需要家のお客さま担当のグループ、そして各グループのサポートを行うグループの3つがあります。私が担当するのは工場や大口需要家様になりますが、お客さまの業種によって専門分野も様々ですし、工場では専門用語も飛び交います。1人で行くと会話にならないことがあったので、最初はベテランの先輩に同行していただき、メモをしながら会話を聞き、わからないことは後で確認していました。最近では私が主担当の仕事も増えてきたため、過去のメモを参考にしながら工場向けの燃料転換営業や省エネ提案を行っています。

仕事で心がけていることはありますか?

 工場のお客さまで一番気を使うのは、都市ガスに変更した時に製品に影響がないかという点です。都市ガスに変えてもバーナーの炎や温度が変わらないことを根拠もって丁寧にご説明します。さらに、省エネ・CO2削減効果等も計算根拠のある資料をつけてご提出しないと、お客さまも社内説明できませんので、そのための資料準備など長期スパンで営業していきます。もちろん指定の時期に間に合うように工事を進めることも大切です。そのため、自分の仕事のスケジュールをしっかり管理し、計画的に進めていくよう心がけています。

どんなときにやりがいを感じますか?

 最初は素っ気なかったお客さまが、次第に心を開いてくれているのがわかるようになってきた時です。先日、1年近く営業活動を行っているお客さまに「この提案は甲斐さんの評価に関係あるの?」と私のことを気遣う言葉をいただいき、私のことを受け入れてくれているとわかったので本当に嬉しく、やりがいを感じました。職場は男性職場の上にベテラン社員ばかりだったので、初めはメンターの人がいないと、誰に話しかけていいかもわからない状態でした。しかし今は周りも気軽に現場につれていってくれますし、アドバイスしてくれるメンターがいらっしゃるので心強いです。配属2年目に向けて、次はもう一段階上の仕事ができるように日々努力しています。

就活生へのメッセージをお願いします

 あまり最初の段階で業界・業種を絞らなくていいと思います。早くから絞り込んで視野が狭くなると、「自分にはこれしかない」という思い込みでうまくいかなくなることもあります。自分で知っていることは限られているので、とりあえず社員の方の話を聞いてみると、思いがけないところでいいなと思うことがあるかもしれないです。私も広島ガスは初めの選択肢になかったですが、実際に会社に行って会社の雰囲気などを肌で感じたことで、ここを受けようと思いました。どんな出会いがあるかわからないので、色々な会社を見てみるのが良いと思います。