若手社員の声

供給:石田 光孝

現在の仕事について教えてください

 メンターメンティ制度がありメンターの方と出動する事が多いですが、拠点勤務(安佐・東広島)や土曜勤務がシフト制であるのでメンター以外の他の先輩社員と出動する事もあります。人が変わるとやり方も変わるので、同じような現場であっても、途中の作業方法に違いがあって勉強になります。供給保安部保安グループは保安情報等の通報が入った時に現場に出動するのが仕事になります。お客さまからの連絡を受けてから30分以内に到着して作業します。事前準備をするというものでなく、急な仕事にも迅速、適切に対応しないといけないので、現場での対応力が求められます。現場ではゆっくり先輩に教えてもらうことはできませんが、逆にその他の待機時間は時間が取れるので業務を教えてもらったり、いつでも出動できるように工具を整えておいたりします。

仕事で心がけていることはありますか?

 様々な現場対応があるので、どうしても初めてケースに遭遇することがあります。先輩に現場でゆっくり教えてもらえるわけではないので、初めはうまくいかないまま会社に帰ってきて、あらためて先輩にどうしてそんな作業をしたのか意味を含めて教えてもらっています。一つずつこなして、次に同じような現場に立ち会ったときに一人で対応できるように準備していきます。

どんなときにやりがいを感じますか?

 今の部署の難しさは現場でゆっくり教えてもらえないですし、待機時間に練習したものを現場で活かそうとしても微妙に修理の箇所が違うと練習を活かすのが難しいこともあります。その難しさがある分、普段の練習を応用して仕事に役立てることが求められていますし、次の現場では練習の成果を活かしたいと感じます。
 それに今の業務はお客さまに感謝されることが多い仕事だと思います。一つ一つの仕事に役に立てたと感じることが多いですし、お客さまから直接感謝されるとやりがいにつながります。

就活生へのメッセージをお願いします

 就活は自分の将来の夢を決めるときでもあるし、早めに業種を絞る人も多いと思いますが、あまり狭めずにインターンシップとか会社説明会とか行くのが良いと思います。私は機械系専攻だったので周囲はメーカー志望が多かったですが、自分は広くお客さまの役に立ちたいと感じて自分のやりたい事を考えた結果、選んだのは広島ガスの仕事でした。