若手社員の声

営業:神田 大輝
少数精鋭で守備範囲は広く

ガス管の全体的な維持管理・届出・協議も

 今の主な業務はガス管の維持管理業務です。工場から道路等へ埋設されているガス管を通して、お客さまに都市ガスを供給しているのですが、そのガス管の全体的な維持管理を行っています。
 具体的な業務内容としては、長年使用しているガス管は経年劣化の可能性があるため計画的に取り替えています。ガス管の取り替えや不使用となっているガス管を撤去するときには、道路を掘削して取り替え・撤去作業を行います。その際の道路を掘削する許可申請書類を作成して、諸官庁に申請を行っています。
 道路にはガス管だけでなく、水道や下水、電気、通信関連など他のインフラも埋設されていますので、各事業者との協議も行い、耐震性・耐腐食性に優れたガス管への取り替えを行っています。

最初は何も分からず…インフラの偉大さを知る

 ガスを含めインフラのことは多少知っていましたが、最初は道路の下に何があるか分かりませんでした。取り替え時に埋まっている既設のガス管をどのようにすればよいか? 他の(インフラ)管との兼ね合いも考えながら…というところが、考えどころだと思います。
 他にはガス管の取り替え時などの設計図面をCADを使って作成しますが、CADソフトを使ったことがなかったので、これも入社してから学びました。この図面作成においては、道路中の他のインフラ管を反映させることがあるので、図面一つ作成すると言っても関係各所との円滑なやりとりができるよう心がけています。
 私たちが普段何気なく見ている道路の下には、いろいろなもの(インフラ管)が入っていて、そこにはさまざまなライフラインが埋設されていることの壮大さに、あらためてインフラが重要なものであることを実感しました。同時にまた、当たり前にあるものを安定的に供給することの難しさも感じています。
 もっとガスの良さを知ってもらい、お客さまを増やしていきたいと思っていますので、「社内・協力会社・お客さま」のスムーズな橋渡しをできるような人材になるよう頑張っています。

「支店業務ならでは」を感じることは?

 支店業務は本社と違って、専門部署が細分化されているわけではありません。人員も限られているので、オールマイティーでなければなりません。その分、コミュニケーションも取りやすいと思います。
 先述した経年ガス管の取り替え、その図面作成、申請許可、維持管理、他のインフラ事業者との協議、パトロール…業務は多岐にわたります。支店ではこういった他の応援に回ることも多々あります。
 ただ逆を言えば、都市ガスの供給に関する業務すべてを見渡せることができますので、現場でも全体像から考えて業務にあたれるなど、支店ならではのメリットもあります。
 あとは地域性もあると思いますが、地元の行事やお祭りなどにも積極的に参加するよう務めています。公益事業として、仕事以外の地域密着は大切なことだと認識しています。

「広島ガス」を選んだわけ

 広島出身なので、地元に根差した仕事をしたかったですね。学生時代は化学系を専攻していまして、「石油や原子力に替わるエネルギーは何が良いか?」「天然ガスから電気を取り出すことができる」などから、ガスに興味がわいていました。そして「ガス」と言うインフラに携われる仕事ができたら…と思いました。
 親しみが湧いて来れば、広告などの媒体も目に付くようになり、次第に距離が縮まった感があります。
 職場の環境はとても風通しが良いと感じています。社内もそうですが、現場では協力会社の方にも仕事のことを気軽に聞くなどコミュニケーションは良好です。

就職活動中のみなさんへのメッセージ

 就職活動は業界を決めつけずにやってほしいです。行きたい業界や目指している企業への強い思いはあると思いますが、いざ入社してもやりたい仕事に就けるかどうかは分かりません。
 私が卒業するときに後輩には、企業の話をたくさん聞くように伝えてきました。
 就職活動でこだわったつもりが、進路を狭めてしまい、結果として次の段階に進めていない状況になっているケースも聞きます。
たとえ、当初目指した業界や企業と違っていても、社会人になれば必ず役立てることはあるので、調べて訪問したりすると良いと思います。とにかく、いろいろな企業の話を聞く機会を多く持ってください。