若手社員の声

営業:奥村 芽衣

現在の仕事について教えてください

 私が所属している営業技術部技術グループでは集合住宅施工管理、戸建住宅施工管理、メンテナンス、設計積算といった様々な業務があります。私はメンテナンスチームなので、エネファーム、エコウィルといったガスで発電する最新機器のメンテナンスをはじめ、給湯器の休日修理も行います。配属当初は全く知識がありませんでしたので、戸惑うこともありました。現場同行や研修センター等で基礎から学び、2年目になった今では一人で対応できるようになりました。

仕事で心がけていることはありますか?

 お客さまから不具合の連絡を受けてから出動しますので、そのようなときはお客さまが不安で困っていらっしゃることがほとんどです。私の対応次第でお客さまの気持ちも変わりますから、なるべく迅速に対応すること、また修理の内容をご理解いただけるように丁寧な説明をするように心がけています。言葉遣いにも気配りをするようにしています。事務所内では、先輩の言い回しなどを横で聞きながら、日々勉強しています。

どんなときにやりがいを感じますか?

 文系学部出身でしたが、メンテナンスをぜひやってみたいと思い今の部署を希望しました。早く仕事を覚えて独り立ちしたいという思いがありましたが、女性が少ない職場ということもあり「本当に大丈夫?」と心配されることも社内外にありました。そのイメージを払拭するべく日々奮闘しています。お客さまからの連絡を受けてから、適切な対応/修理をして無事帰社する。地味ですがこういった毎日の業務の積み重ねが、みなさまからの信頼につながると思います。広島ガスへの信頼にかかわる重要な接点業務ですので、より高いレベルを目指して頑張ります。

就活生へのメッセージをお願いします

 私は興味の幅が広く、様々な業種の会社説明会に行きました。行くたびにその会社が素敵に思えて、あそこもいいな、ここもいいなと目移りしていました。一番の決め手になったのは、インターンシップや説明会、採用面接のときに出会った社員の方の雰囲気と、文系・理系で職種を分けないというところです。出会った社員の方は飾らず、私もこんな感じになりたいとイメージできました。入社してからもその気持ちは変わらず、実際に、技術系の職場で仕事をさせていただいていますし、協力し合える優しい方ばかりです。その社風がとても良いと思います。