ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

広島ガスグループは、
従業員一人ひとりが成長し、より高い成果を出すため、
働きやすい職場環境づくりに力を入れています。
一人ひとりが仕事と生活の両面を充実させ、持てる力を最大限発揮できる「働き方」を実現することを目的とし、
さまざまな取り組みを実施しています。

■各種両立支援制度(例)

育児休業 対象となる子どもが1歳に達するまで。
ただし、保育園に入所できない場合などは1歳6か月に達するまで延長可能。
介護休業 対象となる家族1人につき、1年間もしくは93日を上限として分割取得可能。
特別休暇 産前産後、妻の出産、未就学児の看護、家族の介護、ボランティア活動 等、 目的別に指定日数の取得が可能。
フレックスタイム制 指定時間範囲内で始業・終業時間の各自調整が可能。
育児短時間フレックス勤務制 対象となる子どもが小学校4年生の始期に達するまで。短縮時間を選択可能。
介護短時間フレックス勤務制 介護休業とは別に利用開始から3年間で取得可能。
母体健康管理規則 妊娠中や産後1年以内の女性の勤務時間内の通院や、業務負担の軽減や勤務時間短縮等の許可。
退職者再雇用登録制度 結婚、出産、育児、介護、配偶者の転勤等を理由に退職し、再雇用を希望する社員が登録。
こうした両立支援制度は男女ともに対象とされ、実際に取得・活用されており、
厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

社員の声

育児休業を取得  廿日市工場 田中慎一郎

 三男(第4子)の誕生を機会に約3週間の育児休業を取得しました。
 3人目までは親のサポートもあり、仕事を休むことはなかったのですが、今回は育児休業の制度を使い、上の子(3人)の世話をしてみようと思いました。年度末で忙しい時期でしたが、職場メンバーの理解と協力もあり、
安心して育児に専念することができたことにとても感謝しています。休業中は慣れない家事全般を行い、毎日が忙しく大変でしたが、何より子どもたちと接する時間が増えたのが幸せでした。そして「家事・育児の毎日」を経験して妻の大変さ、偉大さを実感しました。このたびの育児休業は取得して本当によかったと感じています。

フレックスを利用してみて  経理部 三浦啓介

 10月は第2四半期決算業務をはじめとした繁忙期だったため、比較的余裕のある月初の出社時間を後にずらすことで勤務時間を短縮し、業務量のピークを迎える月中以降に備えて勤務時間のバッファーを作りました。
 今までは、有休使用を除くと月初の選択肢は通常勤務か準フレックスの7時間45分勤務しかありませんでしたが、フレックス制度の導入により選択肢が広がりました。1か月という大きなくくりで日々の勤務時間を調整することができるようになったため、月間労働時間の圧縮ができ、非常に助かっています。スムーズにフレックスを活用するために、タスクや納期についてチームの皆さんや上司と密にコミュニケーションをとり、私個人だけでなくチーム全体の業務に滞りが発生しないように心掛けています。