ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

広島ガスグループは、
従業員一人ひとりが成長し、より高い成果を出すため、
働きやすい職場環境づくりに力を入れています。
一人ひとりが仕事と生活の両面を充実させ、持てる力を最大限発揮できる「働き方」を実現することを目的とし、
さまざまな取り組みを実施しています。

■各種両立支援制度(例)

育児休業 対象となる子どもが1歳に達するまで。
ただし、保育園に入所できない場合などは1歳6か月に達するまで延長可能。
介護休業 対象となる家族1人につき、1年間もしくは93日を上限として分割取得可能。
特別休暇 産前産後、妻の出産、未就学児の看護、家族の介護、ボランティア活動 等、 目的別に指定日数の取得が可能。
フレックスタイム制 指定時間範囲内で始業・終業時間の各自調整が可能。
育児短時間フレックス勤務制 対象となる子どもが小学校4年生の始期に達するまで。短縮時間を選択可能。
介護短時間フレックス勤務制 介護休業とは別に利用開始から3年間で取得可能。
母体健康管理規則 妊娠中や産後1年以内の女性の勤務時間内の通院や、業務負担の軽減や勤務時間短縮等の許可。
退職者再雇用登録制度 結婚、出産、育児、介護、配偶者の転勤等を理由に退職し、再雇用を希望する社員が登録。
 従業員の活躍を支援する仕組みの一つとして、「育児・介護休業制度」の利用を促すとともに、2009年から「育児短時間勤務制度」の導入や、2015年からフレックスタイム制度の利用拡大など働きやすい職場環境づくりを推進しています。これは女性だけでなく、男性の働き方や育児・介護参加の視点を含めた取り組みであり、社会的責任を果たすうえでも大変重要であると考えています。

社員の声

育児休業を取得  秘書部 岡﨑葉奈

 2016年8月に第1子を出産後、約8か月間の育児休業を取得し、2017年4月に復職しました。
 休業前から、同じ部署や人事部の先輩方には沢山アドバイスをいただき、また休業中もこまめに連絡をくださったおかげで、不安なく復職を迎えることができました。
 現在はフレックスタイム制度を活用し、勤務時間を工夫しながら、仕事と育児の両立に日々楽しく奮闘しています。
 子どもの体調不良などで急な休みをいただくこともしばしばですが、いつも温かく受け入れてくださり、サポートしてくださる職場の皆さんには、感謝しています。
 このような温かい環境と整った制度のおかげで、育児をしながらも最前線で働かせていただけることは、当社の魅力のひとつだと感じます。これからも、精一杯がんばります。

フレックスを利用してみて  経理部 三浦啓介

 10月は第2四半期決算業務をはじめとした繁忙期だったため、比較的余裕のある月初の出社時間を後にずらすことで勤務時間を短縮し、業務量のピークを迎える月中以降に備えて勤務時間のバッファーを作りました。
 今までは、有休使用を除くと月初の選択肢は通常勤務か準フレックスの7時間45分勤務しかありませんでしたが、フレックス制度の導入により選択肢が広がりました。1か月という大きなくくりで日々の勤務時間を調整することができるようになったため、月間労働時間の圧縮ができ、非常に助かっています。スムーズにフレックスを活用するために、タスクや納期についてチームの皆さんや上司と密にコミュニケーションをとり、私個人だけでなくチーム全体の業務に滞りが発生しないように心掛けています。