広島ガス株式会社行動計画

全ての社員が持てる能力を発揮しながらいきいきと働くことができるよう仕事と生活の両立を支援するとともに、地域の次世代育成支援対策に貢献するため、次のように行動計画を策定する。


計画期間
  平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間

内容
 
目標1:短時間勤務制度を利用しやすい環境作りをする
<対策>
平成28年4月~  ・労使専門委員会で制度の検証、利用状況について協議

目標2:育児休業からスムーズに職場に復帰できるように支援する
<対策>
平成28年4月~  ・育児休業期間中の自己啓発支援(通信講座の案内等)や職場復帰後の研修プログラムの実施を検討
平成29年4月~  ・両立支援に関する社員向けのハンドブックを作成

目標3:年間総労働時間を削減するための措置の充実を図る
<対策>
平成28年4月~  ・労使専門委員会で労働時間について相互で確認
・労使で現状の把握に努め、総労働時間が著しく多い部門に対してヒアリング実施
・管理職研修にワークライフバランスに関する内容を盛り込み、管理職の理解促進に努める
・労使専門委員会で詳細を協議し、夏季・年末における連続休暇取得促進のための周知を実施
・リフレッシュ休暇取得促進のための周知を行う
平成28年10月~ ・各部もしくはグループ単位で次年度の年間総労働時間の目標策定

目標4: バドミントン講習会・インターンシップ・出張授業などを通じて次世代育成支援と地域貢献を図る
<対策>
平成28年4月~  ・教育機関や行政と連携をし、講習会・インターンシップの受け入れを実施する
・食育、火育、エネルギー環境教育を中心とした出張授業を実施する