広島ガス | 広島ガスについて : IR情報 : 広島ガスCSR報告書2012

広島ガスのCSR報告書2012年版を閲覧いただけます。


>> P.39

従業員との関わり社会分野地域社会に貢献できる人材を確保するため、自己成長をめざす自立型の人材を求めています。採用にあたっては、男女雇用機会均等法を順守して男女間に格差が生じないよう公正な選考を行うほか、障がい者の雇用や定年退職後の継続雇用にも取り組んでいます。 2020年ビジョンの基本方針のひとつとして、「公正かつ透明で風通しの良い組織へ変革し、地域の好感度NO.1の企業グループをめざす」ことを掲げています。「企業は人なり」の理念にもあるように、会社が発展していくためには従業員一人ひとりの成長が必要であり、「やりがい・働きがいの向上」にむけて、役職員全員が組織の目標達成にむけチャレンジし、努力・協力を継続できる仕組みづくりが大切です。 当社では、従業員一人ひとりの能力を伸ばし、さらに個人が発揮した能力や役割遂行、業務課題の達成度を公平・公正に評価し、適正に処遇へ反映させる人事制度を構築・運用しています。能力や成果を評価する評定者に対しては、毎年集合研修・評定者訓練等を実施しています。 また、従業員の育成や自己啓発を支援するさまざまな研修コースを充実させ、従業員のチャレンジを支援しており、その成果を持ち点として登録し、人事処遇制度とリンクさせています。期末要員数(人)平均年齢(歳)平均勤続年数(年)新卒正社員採用数(人)障がい者雇用数(人)区分2011年度67841.718.815162007年度2008年度2009年度2010年度65140.618.501163941.418.931265141.419.4101365641.619.5915企業が発展していくためには、従業員の「力(ちから)」が不可欠です。従業員にとって、やりがい・働きがいがあり、働きやすい職場環境づくりをめざしています。■雇用状況の推移雇用人事制度人材育成(キャリア開発・キャリアモデル)人材活用(ローテーション・系列変更)処遇制度(職能給・役割給・業績給)評価制度(役割評価・多面評価)自己申告制度社内公募制度面接制度OJTメンター制度諸資格取得通信教育受講チャレンジ研修受講CDP・階層別研修複線型人事制度持ち点制度新入社員管理職能〈理解判断力〉〈創意工夫力〉〈コミュニケーション力〉〈問題解決力〉〈企画力〉〈折衝・調整力〉〈指導力〉〈決断力〉各能力別コース各種部門内研修 各種社外講演会 異業種交流セミナー人権学習会・マナー講演会・マネジメント講演会通信講座受講支援資格取得支援キャリアチャレンジ支援・国内留学・海外留学<ガス専門スキル研修(各種資格研修)><技能向上研修><オーダーメイド研修><ガス基本スキル><ビジネス基本スキル>役割等級基準職能等級基準目標管理制度(MBO)昇級(格)・昇進人間性を磨く自己啓発支援国内外留学階層別研修(役割認識とマネジメント力強化)キャリア開発研修(CDP)(生涯の仕事生活を通じた成長と能力開発)チャレンジ研修(テーマ別のスキルアップ)社外セミナー派遣(職務別のスキルアップ等)社内研修(社内資格研修等)CDP8(入社8年目研修)CDP40(40歳時研修)CDP50(50歳時研修)CDP3(入社3年目研修)CDP1(入社半年後)新入社員研修ジュニアリーダー研修マネジメントマインド研修新任管理職研修管理職(M1)研修■人事処遇制度の概念図■研修体系図(例)社会分野39


<< | < | > | >>