広島ガス | 広島ガスについて : IR情報 : 広島ガスCSR報告書2012

広島ガスのCSR報告書2012年版を閲覧いただけます。


>> P.28

業務用高効率設備・機器の普及050100150200天然ガスの普及促進によるCO2発生抑制環境関連新技術の研究開発天然ガス自動車の普及促進天然ガス自動車の普及状況WEB▶HTTP://WWW.HIROSHIMA-GAS.CO.JP/BUSINESS/CAR/INDEX.HTM●天然ガス自動車の普及促進工業用省エネ型バーナの開発(2008年一社日本ガス協会技術賞受賞)(2010年一社日本機械工業連合会主催優秀省エネルギー機器表彰会長賞受賞)バイオガス専燃コージェネレーションシステムの開発(ロータリーエンジン)お客さま先でのCO2排出量・抑制量●街で活躍する天然ガス自動車路線バストラック●涼しい厨房機器「涼厨」ガスの炎は美味しい料理のなによりのスパイス。しかし、料理する人にとって、厨房の暑さは悩みのタネです。そこで、広島ガスでは暑さの原因を根本から考えた「涼厨」(低輻射型ガス厨房機器)をご提案しています。「涼厨」  は大阪ガス㈱の登録商標です。「涼厨」は、ガスならではのメリットを活かし、涼しく快適な厨房環境を実現させています。●ガスコージェネレーションシステム普及の推移(業務用)●その他環境特性に優れた設備・機器の普及●低NOX機器の普及 ●ガス吸収式冷温水機によるオゾン層の保護 ●エコデザイン機器の普及ガスコージェネレーションシステム累計発電容量KW累計基数天然ガスおよび高効率ガス機器の普及等により、CO2発生量の抑制に貢献しています。天然ガス自動車(NGV)は、ガソリンや軽油の代わりにクリーンな天然ガスを燃料に走行する自動車です。その排出ガスには、発ガン性が指摘されている黒煙(粒子状物質)や酸性雨の原因となる硫黄酸化物を排出せず、地球温暖化の原因となるCO2もガソリン車に比べて低く抑えることができます。技術研究所では、環境に優しい天然ガスの普及により、人と環境とエネルギーの調和した快適な暮らしをお客さまにご提案するため、エネルギー高効率利用および再生可能エネルギーの利活用等に係わる技術開発を積極的に進めています。マツダ㈱の協力のもと実用化研究を実施後、寿工業㈱が日本下水道事業団・メタウォーター㈱と共同でシステムとして商品化。[2012年3月より、太田川流域下水道東部浄化センターにおいて供用開始(発電出力40KW×9台)]都市ガスを燃料としてガスタービンやガスエンジン・燃料電池などで発電を行い、その時に発生する排熱を有効利用し、冷暖房・給湯等を行うシステムです。投入したエネルギーをムダなく使うことができるため、省エネルギー効果が大きく、CO2発生量の抑制にも効果があります。抑制量排出量2011CO2抑制量(千T-CO2)CO2排出量(千T-CO2)1931,1831,1851,1271851811881,22119305001,0001,5002,000(2012年3月末現在)◆全国の天然ガス自動車および天然ガススタンドの普及状況全  国41,463台広島地区885台(内数)・・・・・・全  国321カ所広島地区10カ所(内数)・・・・・・天然ガス自動車数天然ガススタンド(急速充填所)(年度)185185185211216216215214(千KW)1851842007200820092011201005010015020020092008200720101,200(年度)天然ガス自動車累計普及台数(広島ガス供給エリア内)民間事業者(乗用車)官公庁民間事業者(トラック・バス)広島ガス(累計台数)20072011200820092010(年度)7558048598850100200300400500600700800900166651183183193200広島工業大学新講義棟「三宅の森NEXUS21」環境分野28


<< | < | > | >>