広島ガス | 広島ガスについて : IR情報 : 広島ガスCSR報告書2012

広島ガスのCSR報告書2012年版を閲覧いただけます。


>> P.24

環境会計事業活動における環境保全のためのコストとその活動による効果を定量的に把握するのが環境会計です。広島ガスでは、環境に関わるコストと効果を、環境省の「環境会計システムの確立に向けて〈2000年報告〉」をベースにした(一社)日本ガス協会の「都市ガス事業における環境会計導入の手引き」(2002年10月改定)に基づき集計しました。①投資額は、昨年と比べ資源循環(新工法)や環境R&Dは減少しましたが、ショールーム新設に伴う環境投資や全社の空調設備更新などにより、昨年並で推移しています。②費用についても、昨年度とほぼ同額となりました。①昨年度に引き続き、ガス導管工事で排出された土砂の再資源化の促進等により、掘削発生土の外部排出を抑えることができ、経費削減を果たすことができました。②その他は、太陽光発電やLED照明の採用による購入電力削減分です。(単位:百万円)公害防止地球環境保全資源循環環境マネジメントその他環境R&Dお客さま先社会貢献活動自主緑化、景観保持、自然保護、美化地域の環境活動支援、環境広告、環境情報公表等注1)2011年度費用額のうち減価償却費は、63百万円計上されています。 注2)環境R&Dとは、研究開発コストのうち環境保全のためのものです。注3)算定期間:2011年4月∼2012年3月 算定範囲:広島ガス株式会社自 社 業 務投資額費用額大気汚染、水質汚濁、騒音等の防止のための設備投資額、維持管理費、減価償却費、人件費等省エネルギー、エネルギー有効利用、オゾン層保護等のための設備投資額、維持管理費、減価償却費、人件費等掘削残土削減、再資源化、廃棄物管理等のための設備投資額、維持管理費、減価償却費、人件費等グリーン購入、環境教育、EMS構築、環境対策組織等のコスト工場立地法や条例に基づく工場の緑化等環境負荷低減技術、高効率機器・システム開発のための研究開発コスト2011年度2011年度環境保全コスト項目主な内容(例)合      計(主要内容:旧海田工場・旧阿賀工場土壌浄化工事)(主要内容:廿日市工場ガスコージェネレーション稼働)  0450001214556822424227●環境保全コスト●効果■環境負荷水準(単位:百万円)2011年度環境負荷水準NOX原単位(製造)46(MG/M3)CO2原単位(製造)47(G-CO2/M3)掘削発生土外部排出量(千T)CO2原単位(オフィス)70.3お客さま先でのCO2抑制量(千T-CO2)193産業廃棄物発生量(T)109一般廃棄物発生量(T)86(G-CO2/M3)(参考値)■企業内経済効果2011年度経済効果掘削発生土外部排出量削減に伴う経費削減額有価物の売却額その他(燃料ガス使用量削減による経費削減額)その他(電力使用量削減による経費削減額)合   計308016147012010年度27401624361■全社総売上高における環境費用額比率2011年度全社総売上高59,164(百万円)環境費用額比率(%)0.42010年度54,5000.5当社は、環境保全活動の取り組みの評価の一つとして、企業活動と環境保全がバランスし両立している状況を把握する指標である環境効率を採用しています。2011年度の環境効率は、エネルギー使用原単位は向上したものの、電源構成の変化により前年度並みであり、環境への取り組みは順調であると評価できます。 注1)2004年度より天然ガスを燃料としたガスコージェネレーションシステムを稼働しましたが、経営指標をガス販売量に限定しているので、電力発電(売電用)に伴い発生するCO2量は除いています。注2)購入電力のCO2排出係数は2008年度までは、0.555(㎏-CO2/KWH)を使用しています。2009年度以降は、中国電力の実排出係数を使用しています。注3)四捨五入の関係で、表示と計算値に差異を生じています。注4)ガス販売量は45MJ/㎥で換算。2011年度項目ガス販売量CO2発生量(製造)CO2発生量(オフィス)環境効率524223333320.62009年度2008年度2007年度2010年度512529212220.84882021.15132121.020.8(百万M3)(千T-CO2)(千T-CO2)(M3/㎏-CO2)■環境効率試算結果■全社設備投資額における環境設備投資額比率2011年度全社設備投資額5,137(百万円)環境設備投資額比率(%)1.12010年度3,5561.8592010年度  535800150642612010年度105563234936232602011年度集計結果環境効率について2010年度45486319420976(M3/KG-CO2)20072008200920112010(年度)良い■環境効率=ガス販売量CO2発生量(製造+オフィス)環境効率21.121.020.820.820.6051015202530環境分野24


<< | < | > | >>