広島ガス | 広島ガスについて : IR情報 : 広島ガスCSR報告書2012

広島ガスのCSR報告書2012年版を閲覧いただけます。


>> P.11

緊急時の保安対策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・経営分野お客さまの安心・安全に向けた取り組みお客さま災害復旧資材調達動員要請被害情報・供給停止情報被害情報応援依頼先遣隊派遣復旧支援出動出動災害対策本部復旧準備・指示復旧情報フィードバック安否確認・出勤要請導管等被害情報復旧情報被害状況の確認災害情報の確認被害情報提供被害情報・供給停止情報状況報告・復旧体制情報収集復旧作業供給停止判断トップ報道機関工場・事業所行政等関係機関広島ガス社員協力会社・メーカー一社日本ガス協会・同業他社導管・ホルダーお客さま状況確認ガス漏えい情報等(災害対策システムの活用) 当社では、日頃から地震・火災・台風・洪水等の緊急事態に備えて体制を整備し、被害の未然防止に向け、さまざまな安全対策を講じています。 被害が発生した場合、または被害の発生が予想される場合は、関連情報(工場、導管、お客さま、気象等の状況)の早期収集に努め、必要に応じ警戒体制、または社長を本部長とした災害対策本部を設置します。 万が一被害が発生した場合でも、関係各所と連絡・連携を取りながら、被害の拡大や二次災害の防止のための措置※を行い、可能な限り早期の復旧をめざして対応していきます。 被害や対応の状況は、行政等の関係機関、報道機関に対しても適宜発信します。 なお、新型インフルエンザ対策についても事業継続計画に則り、適切に対応していきます。万全の緊急措置体制により、災害発生時等でもエネルギーの安定供給と保安の確保に努めていきます。※被害が大きい区域は、ガスの供給を停止することがあります。広島ガスにおける対策(例)●行政や業界の基準に対応した耐震設計 (製造設備・供給設備等)●耐震性の高い導管の導入 (溶接鋼管、ポリエチレン管、メカニカル継手等)●導管網の区分化(ブロック化)による被害の最小化●マイコンメーターの設置 (ガス漏れや地震を感知してガスを自動的に遮断)●災害対策システムの構築・運用 (安否確認・出動要請・想定被害等)●緊急措置要領の見直し、拡充●社員教育、地震訓練の実施等●新型インフルエンザ対策行動計画の見直し、 事業継続計画の策定災害対策時の情報伝達概念図 都市ガスを安心して安全に、そして満足してご利用いただけるよう、各段階でさまざまな対策を実施しています。経営分野11


<< | < | > | >>