広島ガス | 広島ガスについて : IR情報 : 広島ガスCSR報告書2012

広島ガスのCSR報告書2012年版を閲覧いただけます。


>> P.6

給湯電気電力会社暖房エネルギーの高度利用 ガスコージェネレーションシステムは、天然ガスを使用して発電するとともに、同時に発生する熱を給湯や冷暖房で利用することで、エネルギーを効率的に利用できるシステムです。 現在、大型・中小施設から家庭用のシステムにいたるまで、さまざまな業種・用途にご利用いただいています。自宅で発電すれば、送電ロスがなく、同時に発生する熱も給湯や暖房に利用できるため、エネルギー利用効率は約77%(発電:32%、熱利用:45%)となります。◎従来のシステムによる発電[1次エネルギー(石炭・石油・天然ガスなど)]◎(例)マイホーム発電[1次エネルギー(天然ガス)]利用されない排熱・送電ロスなど(海などへ廃棄)4%火力発電所ご家庭ご家庭《エネルギー利用率》パイプラインLNGタンク59%100%37%エネファーム23%100%32%45%※HHV(高位発熱量)基準により算出 ※出典:エネルギーの使用の合理化に関する法律%約77%約37%約37電気…電気…有効利用可能排熱… 「エネファーム」は、天然ガスから取り出した水素と空気中の酸素の化学反応で発電し、その時発生する熱を利用してお湯をつくります。CO2排出量を抑え、発電効率が高い最先端の発電・給湯暖房システムです。 太陽の光エネルギーを受けて発電する太陽光発電。潤沢なエネルギー源とクリーンさは最大の魅力。光熱費を抑え売電ができるのも大きなメリットです。 ただし、夜間は稼働せず、雨天時の電力低下など安定した供給が課題になります。そこで、W発電で組み合わせることにより、不安定な弱点を補いさらに経済的で効果的な「創エネルギー住宅」をつくります。化学反応により電気と熱をつくり出す、燃料電池方式。地球にやさしい先進のエネルギーライフ。マイホーム発電と太陽光発電のダブル発電。燃料電池と太陽のエネルギーを利用する太陽光発電との組み合わせで、地球環境にもやさしい暮らしを実現します。電気給湯暖房水素発電燃料電池空気排熱天然ガス%約77%約37【ご家庭に届くエネルギー利用率】家庭用燃料電池「エネファーム」W発電ガスコージェネレーションシステム6


<< | < | > | >>